転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

転職マイルールのすゝめ(20代の転職)

今の仕事を退職したらどうなるのかな。経歴に傷がつくんじゃないかな。

転職を決断するときは様々な葛藤があるものです。

自分の場合、20代の頃に4社経験してますが、今まで転職に不利だなと感じることは特段なかったです。なんとかなるもんです。

f:id:SIMONtoNAME:20180916174128p:plain

 

◆自分の言葉で説明できたらOK

転職で不利にならなかった理由としては、自分なりに転職する上での「マイルール」を決めていたからかなと思います。結果的に、面接では自分の考えを整理された状態で伝えられ、自分という人間を表現するのに役立ちました。きっとこのマイルールも人によってルールはさまざま。あなたの人生で大切にしているものを念頭におきながら、ぜひ「マイルール」を考えてみてください。

◆20代の頃に決めていた転職マイルール

つまり、今の会社を退職しても「後悔しない自分」に自信を持てたら転職を決めてたんですね。何度も転職しているわりに「や~めた!!」みたいな投げやりな転職はないです。これでもしっかり検討して「決めた!!」になってから転職してるんですw(え、信じられないって?w)

 

確かに検討する時間は人より短いかもしれない。でもね、検討なんて時間をかけりゃいいってもんじゃないんですよ(キリ!)。どれだけ「深く」考えたか、なんですよ(キリ!キリ!)。そして自分の中で「確固たる決意」ができていれば、どんな決め方をしたっていいんです。

 

じゃあどんなことを考えて結論を出してたの?ていうと、会社に残ることのメリットデメリットを書き出して、どこかで「まだ会社を辞めるには早いかもしれない」と思ったら残りますし、「それより我慢ならないことがある」なら転職を決意します。

他にも転職を考える原因になっている問題について、会社に掛け合って改善できないかを話し合ったりしました(※この辺はまた別記事で)。

 

◆最後に・・・

あたしがなぜ転職を繰り返してるのに堂々としていられるかというと、一応、自分なりの考えがあったからなんですね。20代のうちなら「何度転職してもいい」と自分に許可を出してました。

( 最後ちょっと毒づいてますねww)

自分は21才から社会人デビューをしていて、それなりに学歴コンプレックスもありました。とはいえ、自分で決めた道だし「みんなが大学行ってるときに、自分は社会で勉強できるんだ。それなら一足早く、たくさん色んな仕事に触れて学校じゃ習わないことを実践で身に付けよう✨」の気持ちだったので転職にネガティブな考えはありませんでした。むしろ社会勉強だ~!くらいの勢いでした。

 

自分の性格的にも「たくさん失敗して身体で覚えるタイプ」だと思ってたんですよね。たくさん傷だらけになって「あれ、間違えた??」て戸惑うときもありましたが、最終的にはホワイト上場企業にたどり着けたから、この方法は、あながち自分には間違っていなかったのかなと思っています。そしてついに30代になってしまったので、転職する選択肢は心の奥底にしまってます。

 

終身雇用がなくなったこのご時世。新卒で入った会社を定年まで勤続する方が珍しいです。それでも、古風な考えの人は転職に対してネガティブな反応を示すかもしれません。他者の意見を聞くことも大切ですが、あなた自身の意見をなによりも大切にしてほしいなと思います。あなたの人生は、あなたのものです。

★書類サポートも充実の転職サイト★
リクナビNEXT


転職まりーが前職で販売していたリクナビネクスト。圧倒的に求人数が多いことと転職ノウハウのコンテンツが充実しているのが特徴。情報収集にはうってつけの転職サイトです。

<オススメポイント>
◎他の転職サイトに比べて圧倒的に情報量が多い
◎第二新卒特集など多様な特集あり
◎適職診断などコンテンツが充実

<使い方>
①求人を探して自己応募
⓶転職支援サービスで人材紹介利用
③転職エージェントサービスで人材紹介利用
※②と③の違いは、②はリクルート系列の人材紹介で、③はリクルート系列に関わらず全国の人材紹介会社があなたの経歴を活かせる求人を紹介(&キャリアカウンセリング)してくれるもの。

初めての転職でアドバイスが欲しい方は、②③を申し込みしておくと良いです。特に地方の方は③の申し込みがオススメ。

転職ナレッジ満載のコンテンツもぜひ読んでみてください。