転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

事務職に向いてる人・向いていない人

事務職は人気職種の一つ。周りをみていて気になるのは「事務のプロフェッショナルになりたい!」よりも「営業大変…疲れた… (´・ω・`)事務ならきっと営業より楽だと思う…事務やりたい」など、他の職種で挫折を感じて、駆け込み寺のような理由で志望している人が多いこと。

f:id:SIMONtoNAME:20180916175829p:plain

事務職はここが大変

かくいう自分も事務職経験者ですが…事務職より営業職の方が100倍ラクだわ。と感じることもしばしば。まずは事務職の苦労を知ったうえで、今後の転職活動に役立てていただければなと。

元営業の自分としては営業職よりも事務職の方がよっぽどコミュニケーションスキルが必要だなと感じます。誰でも社内に苦手な人の1人や2人はいると思いますが「苦手とか関係なく連携」するし「人見知り」とか言ってる場合じゃなかったり。

 

事務職に向いている人・向いていない人

事務にチャレンジしようと思っている人は、以下のご確認を🐨

事務職に向いていない自分がそれでも事務職に就いているのは、仕事するときの調整力や連携力(※決してコミュ力が高いわけではない)によるものが大きいと思います。

営業からの依頼をそのまま承るのではなく「おや、これは営業部長の値引き稟議が必要なやつでは?」「イレギュラー対応を依頼されたけど、これ規約範囲外の対応では?」などなど、営業の一存で進めていいのか、営業部長への再確認、法務チェック、規約チェックをするべきかを都度判断しながら進めていくスキルを会社が買ってくれたのかなと。

 

事務職の求人を探すなら・・・

特に@typeさんの回し者ではないんですが、割と面白いサイトの作りかなって思っています。求人広告は、労働基準法に則り掲載をするんですが、その中の一つに「国籍、年齢、性別を理由に募集条件を制限してはいけない」というルールがあるんですね。

そうすると、企業側は「第二新卒とりたい…!」「女性を採用したい…!」と思っても表立って記載することができず、採用したい層からの応募をひたすら待つことに。

そこで画期的なのが@typeのように、サイトの作りを「女性向け」にしちゃう手法。いやー…同業他社ながらうまいなって思いました。他社でも「第二新卒向け」など、カテゴリー分けしてサイト運営している会社もあるので色々調べてみてください。

 

次回の記事(明日公開予定)では、事務職に就く方法や自己PRの方法などを伝授します。

★事務スキルを身に付けたいなら★
マイナビスタッフ(派遣)


未経験OKの正社員/事務求人は競争率がとても高めです。派遣で事務スキルを身に付けてから正社員を目指して転職するのもキャリア戦略の一つです。

マイナビ派遣さんの案件は未経験OKの求人が半分以上。新しい業界や新しい職種を目指すならオススメの派遣会社です。 

<オススメポイント>
◎時短勤務もOK
◎未経験OKのオフィスワーク多し
◎未経験OKのWEB業界多し

<概要>
◎対象:学生以外
◎拠点:全国

マイナビさんは派遣スタッフへの福利厚生も充実しています。条件の良い派遣会社を探すなら選択肢の一つにどうぞ。