転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

みなし残業(固定残業代)の仕組み ~前編~

今日は、ツイッターでも特に質問の多い『みなし残業(固定残業代)』について記事にしました🏪

 

f:id:SIMONtoNAME:20180825170428p:plain

 

◆みなし残業とは??

みなし残業をざっくり説明すると『毎月所定の残業時間を含めて給与計算をする制度』です。みなし時間による残業代を「固定残業代」や「固定残業手当」といいます。

例えば、手当や控除をいろいろ端折って、基本給20万円+時間単位で支給される残業代を計算すると…

A)残業0時間 = 月給20万円
B)残業30時間 = 月給24万6875円
※月間稼働日20日、1日8時間労働、時間外労働25%増で算出。

一般残業だと、残業した分だけ残業代が払われるのでAやBのパターンになり、残業の有無によって給与が変動します。たまに「残業代で稼ぐ」という人がいますが基本給が低い分を残業でカバーしたい人たちです。

一方、みなし残業だと予め残業代を含めて給与計算をするので、残業時間に関わらず所定時間分の残業代(固定残業代)が支給されます。

C)みなし残業30h(実働0h) 
= 月給24万6875円

D)みなし残業30h(実働30h) 
= 月給24万6875円

E)みなし残業30h(実働45h) 
= 月給27万0312円

※月間稼働日20日、1日8時間労働、時間外労働25%増で算出。

CとDは残業実働が異なるのに、支給される金額は変わりません。ホワイト企業や一般企業の閑散期などはCのパターンになることも。そしてみなし残業を超過したEパターンは、みなし残業代に加えて時間単位の残業代も支給されます(支給しないのは違法です👻)

たぶん、世間のイメージだと「みなし残業30時間分は必ず残業がある」とか「残業時間がEなのに給与はD」を想定しているのかなと思います。

この辺の残業実態の見分け方は、後編でお伝えしていきます🐱

 

◆企業のメリット

みなし残業が含まれるからといって、みなし残業時間分を働かなくてはいけないといった決まりはありません。となると、残業しないでみんな帰っちゃえば会社側は損じゃない??と思いますよね。そうです。払い損です。どんどん定時で帰っちゃいましょうw 

…というのは冗談で、もちろん企業側にもメリットはあります。多くの企業は給与内訳を考えています。手当や控除などを色々省略して「月額固定給20万円」を例に上げると…じゃん!

基本給20万円 = 月給20万円
 ↓
基本給15万円+固定残業代5万円 =月給20万円

 どういうことかというと…

つまり、企業は「残業の計算コスト(計算に係る人件費×時間)」と「賞与算定基準額」の兼ね合いで「みなし残業(=固定残業手当)」を導入したいので、みなさんが心配する「残業が多い」とは異なる目論見があります。

 

◆質問箱

 

みなし残業制度を導入しているからといってブラック企業/ホワイト企業の判断基準にはなりません。個人的には、企業の経営戦略と思っているので、みなし残業にダークなイメージは持ってないです。

なかには「(固定残業代で基本給を減らしてる企業の場合)賞与算定基準額が減るのか…」と感じる人もいると思います。自分が思うに、一昔前のように賞与額が「基本給×2倍」が標準装備されている企業はだんだん減ってきています。業績が悪ければ「×0.8」にもなりますし、業績が良ければ「×4.0」にだってなります。賞与算定基準額はあくまで”基準”なので実際の賞与支給額にはそんなに影響ないのでは?と思っています。※あくまで元ブラック出身の個人の感想です。世間ずれしてるかもw

とはいえ、注意するべきポイントはあるので、明日の記事では「求人のチェックポイント」や「残業についての聞き方」をお伝えしますね🐯