転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

早期退職は転職に不利??(第二新卒編)

求人広告マジック(仕事をキラキラに魅せて掲載)により、入社後に「思ってたのと違う…(´・ω・`)」となることも。辞めたいけどこんなにすぐに辞めて次の会社が見つかるの??と不安になりますよね。大丈夫です。全然転職できます。

今回は「第二新卒の転職」をメインに記事を書きました🐰✨

f:id:SIMONtoNAME:20180826180111p:plain

◆第二新卒の価値は高い

20代で4社経験してる(詳細は『はじめまして』で経歴をどうぞ)自分から言わせると、ここ10年くらいはずっと「第二新卒」が市場の中でも特に売り手市場です。個人的には「IT業界の企業増加(若手に有利)」や「少子高齢化(若手に有利)」も相まってこの市場感は当面変わらないと思っています。 

そう、企業は「第二新卒をすごーーーーく採用したい」んです。

 

◆自己アピールのポイント

ツイッターのフォロワーさんから「何のスキルも身に付けてないし、何をアピールしたらいいのか…」といった声をいただくことがあります。大丈夫、第二新卒は存在が尊いのです。そして企業側はスキルよりも「人柄」「意欲」「ポテンシャル」を重視しています。誰にだって「性格」はありますよね。はい、それが人柄を推した自己アピールに繋がります。下の表もご参考にどうぞ。

 

◆学生時代の話は極力しない

第二新卒の良いところは「新卒よりもビジネスマナーを身に着けていて、中途よりも他の会社に染まっていない」ところにあります。たまに学生時代のエピソードを重点的に話してしまう人もいますが、企業側からしたら「新卒と大差ないなら新卒採用で充分」と見なされ選考は不利になってしまいます。社会人経験が例え数カ月であっても社会人になってからのエピソードを話しましょう。学生時代の話は採用担当から話題を振られたときだけにしておいた方が無難です。

 

◆面接で伝えておくこと

早期退職は決して失敗事例ではありません。その業界に身をおいて初めて「自分が会社に求めるもの」に気づけたんです。そして書類選考が通過しているということは、経歴的に問題がないということ。もしも面接で早期離職について聞かれたら「今後の意欲」も一緒に回答しましょう。

 

◆長く働ける会社を見つけるために

きっと心境としては「次こそ長く在籍するんだ!」て思っていますよね。会社を知るヒントは応募から内定までの企業側の対応でも判断できると思います。また求人サイトのチェックポイントは過去記事「ブラック企業を見破る方法 その①」に掲載しています。

 

◆正社員転職ではない道もあり。

転職する理由が、心身を伴う体調不良ならフルタイムの「正社員」ではない道も選択肢の一つかなと思います。

 いかがでしょうか。

少しでもご参考になれば嬉しいです🐣

★電話アドバイスもしている人材紹介★
ウズキャリ第二新卒


転職まりーはUZUZを利用していないですが、後輩ちゃんが利用してとても良かったとレポートしてくれたのでご紹介。

ウズキャリでは電話カウンセリングもOKです。まずはお電話で現状について相談みてはいかがでしょう。

<オススメポイント>
◎企業ごとの面接傾向を教えてくれる
◎同年代のカウンセラーが多くて話しやすい
◎離職率が高かったり、労働時間が多い企業は紹介NGにするなどブラック企業対策を行っている安心の人材紹介会社

 

<概要>
◎対象:第二新卒、フリーター等、20代中心
◎拠点:東京、大阪、名古屋エリア
◎Skype面談や電話面談もOK
◎優良企業だけをご紹介

転職手段の1つとしてご検討ください(*´ω`*)