転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

転職ステップ② 応募しよう

今日は、転職活動の一歩目「応募」がテーマです。応募条件の解説などを記事にしました🐰(過去記事『質問箱まとめ(③応募の検討)』も一緒にどうぞ)

f:id:SIMONtoNAME:20180826195441p:plain

◆求人の情報収集

中途採用の場合には「求人サイト」「人材紹介」「ハロワ」を利用します。地方だとハロワや「地元誌」が、求人シェアを占めているので地方によって利用ツールは多少変わります。

ちなみに「第二新卒」だからといって「新卒サイト」を利用するのは控えましょう。第二新卒とはリクルート社が作ったブランディング用語であって、第二新卒の正しい枠は「中途」になります。新卒とは選考基準が違うので、中途採用向けの転職サイトがオススメです。※求人サイトの選び方は『自分に合った求人サイトの探し方 』をどうぞ。

 

 ◆人材紹介の場合

人材紹介の場合には「第二新卒」「20代」をターゲットにした会社を選ぶといいです。

 

◆よくある応募条件

よくあるのは「簡単なPC操作」「自動車免許」「社会人経験あり」です。社会人経験については「正社員」「契約社員」での経験を指していることが多いです。年数指定がなければ、例え1年未満でも書類通過の可能性は全然あります。 

 

◆応募していいの??

ツイッターのフォロワーさんから「(自分のようなスキルで)応募していいのか分からない」「(この会社で働こうと決意しているわけではないので)応募したら失礼ではないか」といったご相談をいただくことがあります。いいんです。応募してはいけない求人はこの世にありません。もしも応募条件を満たしていないなら「応募条件が足りていない分、こうリカバリーしようと思っている」を添えたらいいんです。興味を持ったら迷わずどんどん応募しましょう。

 

◆転職トレンド

転職スケジュールを組み立てるときの注意点は、企業の動き。連休が続く5月や8月(お盆)は、面接・入社の動きが鈍くなります。入社として多いのは四半期初月(1月・4月・7月・10月)ですが、もちろんそれ以外の時期も求人や入社はあるので時期によって求人数が違うことは頭の片隅に入れておくと思わぬところで役に立つかもしれません。

 

◆最後に…

どうしても入社したい会社があったとしたら急がば回れ、長期戦で勝負しても良いと思います。

すっっごいやりたい仕事に出会ったとしたら1度不採用になったくらいで諦めないで。もう一度応募したっていいし、数年後にまたトライしてもいい。不採用基準を凌駕するほどの熱い意欲で採用をもぎ取っておいで🔥

— 転職まりー (@SIMONtoNAME) 2018年7月23日

 

ささやかながら、参考になれば嬉しいです。

次は「応募書類」について記事にします🐧