転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

転職ステップ⑤ 書類準備(自己PR)

今日は応募書類のなかでも苦戦しがちな「自己PR」について解説していきます🐦

f:id:SIMONtoNAME:20180917001533p:plain

◆自己PRは何を書くの??

ざっくりいうと『自己紹介』です。第二新卒の場合、企業は経験スキルよりも自己PR枠に記載の「人柄」「ポテンシャル」「意欲」をみています。

 

◆人柄=コミュニケーション力

第二新卒で特に重要視されるポイントの一つ。ここでやりがちなのは、学生時代のサークルや部活動でのリーダー経験を記入してしまうケース。確かに100人、200人をまとめるのはすごいことです。その中には自分よりも年上の人や少数の大人たちも関わっているかもしれませ。こと中途採用の選考基準でいうと「同年代の集まり」はあまり評価対象にはなりません。

極端な例を挙げると「同世代の20代の先輩と公園で語り合った」と「近所に住んでる60代のおじいさんと公園で語った」ではどっちの方がコミュニケーション力が高そうな印象になるでしょう。

コミュニケーション力とは「自分とはかけ離れた属性の人と交流できるスキル」のことを指します。会社はさまざまな年代、国籍、文化、立場の人が集まる場所です。同年代同士でのリーダーシップがアピールできるのは新卒(就活)までかなと思ってます。

 

◆ポテンシャル=考える力

 

◆意欲=前向きな気持ち

 

◆メンタルに自信がない場合

最近、ツイッターのタイムラインでよく目にするのは疲労困憊で休職する方々。決まってそんな自分を責めていることが多いんですが全然自己嫌悪しなくて大丈夫です。今回の要因はあなたの性格の長所が突出してしまっただけだから。 

 

◆番外編

 

最後までお読みいただきありがとうございます。 次回は『職務経歴書』について記事にします。

★適職診断のオススメサービス★
MIIDAS(ミイダス)


ツイッターのフォロワーさんが教えてくれた『MIIDAS』を転職まりーも試しに利用してみました。会員登録なしで自分の市場価値が計測できるし、使いやすさは抜群でした☆彡

自分を分析してくれるので自己PRの参考になるかも。

 

<フォロワーさんの声> 
◎オファーがすべて面接確約
◎選考期間が短くて良い 
◎適正診断が詳しくて良い 

<オススメポイント> 
◎職務適性や自己分析に役立つ 
◎書類選考通過した企業数がわかる 
◎自分と似た経歴者の平均収入がわかる 

<概要> 
対象:社会人経験のある20代~30代 
運営:パーソルキャリア 
適職診断・マネジメント診断・面接確約オファー・有効期限なし
※人材大手が出した新サービスで期待大 
※社会人経験がないと市場価値の計測ができないかも 
自分を客観的に見れるのは楽しいですよね(*´ω`*)