転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

営業に向いている人・向いていない人

今日は、ツイッターのフォロワーさんからのリクエストで『営業』をテーマに書きました。@abcdefg1263さん、リクエストありがとうございます☆彡

f:id:SIMONtoNAME:20180916130035p:plain

◆営業のイメージって??

営業と聞くとまず1番最初にくるイメージは「大変そう」なんですよね。やってみると案外楽しいと思う人は多く、自分もその中の1人です。実際、営業を始めてみると「成果が分りやすい」ことが自分には合ってました。頑張った分が成果になるし、頑張っても成果が上がらなければ頑張り方が間違ってるだけ。テスト勉強と一緒で、正しい頑張り方=点数が上がる。

 

◆営業に向いている人

営業が強い人はある意味「自己主張」ができる人たち。日本人の感覚でいうと「性格が悪い」と思われる要素はたくさんありますw 

こういう要領良いタイプの人↓も営業に向いてます。良い意味で自分を持ってて真面目過ぎない。

 営業に向いていない人は総じて「相手を優先し過ぎる人」「優し過ぎる人」は向いてないです。相手に費用が発生することに対して遠慮しちゃうんですよね。

 

◆営業スタイルは人それぞれ

営業が楽しかった要素は「相手の課題も解決」できて「自分の成績も上がる」ようなちょうどいい提案をしたとき。そのちょうど良さを模索することが好きでした。自分の営業は押し押しではないので押しが強くなくても営業NO.1になれます。 

 

◆給与が高め

他の職種に比べて月給が高めなので、高給がモチベーションになる人にもオススメです。自分が10年近く営業を続けてこれたのは毎月基本給と同額程度のインセンティブをもらっていたからというのもあります。

 

自分自身、これまでの職歴の中で営業をやってて良かったと感じることが多いですし、営業経験者はたとえ職歴が1年未満であっても転職するには有利になることがあります。

次回は『営業からのキャリアパス』について記事にします。

★適職診断のオススメサービス★
MIIDAS(ミイダス)


ツイッターのフォロワーさんが教えてくれた『MIIDAS』を転職まりーも試しに利用してみました。会員登録なしで自分の市場価値が計測できるし、使いやすさは抜群でした☆彡

営業に興味がある人は自分に適性があるかをチェックしてみると面白いかも。

 

<フォロワーさんの声> 
◎オファーがすべて面接確約
◎選考期間が短くて良い 
◎適正診断が詳しくて良い 

<オススメポイント> 
◎職務適性や自己分析に役立つ 
◎書類選考通過した企業数がわかる 
◎自分と似た経歴者の平均収入がわかる 

<概要> 
対象:社会人経験のある20代~30代 
運営:パーソルキャリア 
適職診断・マネジメント診断・面接確約オファー・有効期限なし
※人材大手が出した新サービスで期待大 
※社会人経験がないと市場価値の計測ができないかも 
自分の進路に迷ったときに使うと励みになると思います(*´ω`*)