転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

稼げる営業はブラック??

今日は"営業職にチャレンジしたい"という方に向けて、営業会社にありがちな『カルチャー』や『企業の選び方』についてお伝えしていきます。

f:id:SIMONtoNAME:20180916160412p:plain

◆稼げる営業職はブラック?

ツイッターではブラックと表現してしまいましたが以下↓の企業は「ブラック企業」または「ベンチャー企業」の可能性が高いです。しかし学歴不問で手っ取り早く稼げるのは営業職かなとも思うのでハングリー精神が高めの人にはオススメです。自分はすごく楽しかったです。

一方ホワイト企業の場合「従業員同士の過剰な競争環境」や「売上のために手段を選ばない営業の暴走」の抑止のために、あえてインセンティブを低めに設定しているケースが多いです。営業力の強化よりサービスへの付加価値を重視する傾向にあります。

 

◆マネジメント

自分のいた営業会社はベンチャー&ブラックだったので20代にして責任者になる人たちが多かったです。そのためマネジメントが何かを分かっていない人たちで溢れることになりました。 

ブラック企業やベンチャー企業にありがちな社風↓

営業を長くやってるとこんな弊害も…↓ 

 

◆会社を選ぶポイント

どの会社を選ぶかで会社の居心地も、今後のキャリアパスも変わってきます。一番、顕著に違うのはこの2軸かなと思っています。

①代理店/販売元
ゴリゴリの営業会社は、営業代理店(他社サービスや商品の営業代行)のことが多いです。社員の9割が営業スタッフで1割がバックオフィス。営業から営業責任者、人事に行くキャリアがスタンダードです。 一方、販売元の場合には、営業スタッフは全体の半分以下となり、商品開発のためのスタッフが半数を超えます。営業責任者や人事の他に、マーケティングや企画などへのキャリアパスもあります。

②年齢層
20代の責任者が半数を超えている場合、わりとノリと勢いと精神論でマネジメントしようとする傾向にあります。面接者の説明で注意して聞いておきたいところは「3年目の社員」をベテランと捉えているか、若手と捉えているかです。後者の場合にはベテランと若手の中間層が多く、社員の定着率が高い傾向にあります。早く一人前になりたい人は前者、ゆっくり成長していきたい人は後者の会社を選ぶと良いと思います。

 

ベンチャー企業、ブラック企業は、実際どんな会社なの??噂には聞くけどほんとに怖いところなの??という方のために転職まりーが以前に在籍していた会社のエピソードを記事にします!(身バレしませんように…どきどき)

★ブラック企業審査がある人材紹介会社★
ウズキャリ第二新卒


転職まりーはUZUZを利用していないですが、後輩ちゃんが利用してとても良かったとレポートしてくれたのでご紹介。

ウズキャリでは電話カウンセリングもOKです。紹介先の企業は、ウズキャリ独自の審査基準でブラック企業チェックをしているので安心です。

<オススメポイント>
◎企業ごとの面接傾向を教えてくれる
◎同年代のカウンセラーが多くて話しやすい
◎離職率が高かったり、労働時間が多い企業は紹介NGにするなどブラック企業対策を行っている安心の人材紹介会社

 

<概要>
◎対象:第二新卒、フリーター等、20代中心
◎拠点:東京、大阪、名古屋エリア
◎Skype面談や電話面談もOK
◎優良企業だけをご紹介

転職手段の1つとしてご検討ください(*´ω`*)