転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

ブラック企業の見分け方(営業編①)

今日は、自分が今までいたブラック企業のエピソードとともに『見分け方』についてもお伝えしていきます。

f:id:SIMONtoNAME:20180916142007p:plain

個人的にはブラック企業のジャッジポイントとして『お金』『時間』『カルチャー』が分岐点かなと思っています。今日はその中でも『お金』にまつわるエピソードについて記事にしました。

 

◆金銭感覚がおかしい

社内で貧富の差が激しかったり、売上や異動によって収入の変動が大きいのはブラック企業の特徴だと思っています。前職は社長の浪費癖が(会員制の六本木のキャバクラに連日通ったり…芸能人もたくさんいたようです)すごかったです。

ーー<見分けるポイント>ーー

✔ 毎月給与査定あり(求人票に記載)

✔ 会社のエントランスが豪奢(業務スペースは質素)

✔ 社長のフェイスブックの友達がキャバ嬢ばかり(SNSをチェック) 

(稼げる人は稼げるので、成り上がりたい人にはオススメ)

 

◆体調よりも売上重視

なによりびっくりしたのは、インフルエンザに罹患したマネージャーが月末の追い込みだからと出勤して会議室に籠って営業(頑張ってて偉いねと褒められてました)してたこと。ビルの空調で全フロアにインフルエンザの菌がまき散らされて会社で一番のパンデミックを起こしてました。

 ↓ 対抗策は自主休日を作ること

ーー<見分けるポイント>ーー
✔ クチコミサイトの確認 

 

◆給与が会社に搾取される

ブラック企業の強制力はすごいです。売上を内部から生み出そうとします。営業の奥の手である「社内販売」をすぐ使いたがるんですね。ホワイト企業の場合には原則「社内販売を禁止」したり「事業部の成績にしない」とルール付けているところが多いです。 

 ↓ その場合には、こんな手を打てます

ーー<見分けるポイント>ーー
✔ クチコミサイトの確認

社内販売が横行しているとそれだけで従業員の給与はカツカツです。けっこう根に持っている人が多いので比較的高い割合でクチコミに書かれています。内定承諾前に要チェックです。  

 

◆番外編

ブラック企業の社内規定の変更頻度は、とてつもなく多いです。どんどん悪い方向に改定していきます。

自分がいた会社だと①家賃補助3割が0割に変更 ②転勤NGの人は給与が減る ③商品によって売上係数がかかる(100万円→成績上は80万円みたいな) ④一部の部署だけ土日出勤/平日休みが導入 が1年以内のうちにありました。

国内、海外に出店していたので決して会社の業績が悪いわけではなく、生活水準を一度は上げてから稼げなくし、生活水準を保つために「インセンを欲しがる思考」にコントロールしようとしているのかなと思いました。ドラッグと一緒、マインドコントロールと一緒ですね。…怖い。

全国社員/地域限定社員にはこういう手段で対抗↓してました。
新卒の方でお悩みの人がいたら転勤NGの全国社員で申請しても良いと思います(※ちゃんとその時に転勤を断れる勇気があるなら)賢さと狡さも時には必要↓です。 

 

明日もブラック企業の見分け方についての記事を書きます!

転職サイトでの見分け方はこちらをどうぞ↓

www.mary.work

★ブラック企業対策をしている人材紹介会社★
ウズキャリ第二新卒


転職まりーはUZUZを利用していないですが、後輩ちゃんが利用してとても良かったとレポートしてくれたのでご紹介。

ウズキャリでは独自の審査基準を設けていて「残業が多い企業」「離職率が高い企業」等は、紹介先NGとして求職者の皆さまにはご紹介をしないという対策をとっているとのことでした。

<オススメポイント>
◎企業ごとの面接傾向を教えてくれる
◎同年代のカウンセラーが多くて話しやすい
◎離職率が高かったり、労働時間が多い企業は紹介NGにするなどブラック企業対策を行っている安心の人材紹介会社

 

<概要>
◎対象:第二新卒、フリーター等、20代中心
◎拠点:東京、大阪、名古屋エリア
◎Skype面談や電話面談もOK
◎優良企業だけをご紹介

転職手段の1つとしてご検討ください(*´ω`*)