転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

ブラック企業の見分け方(営業編③)

今日も、自分が今までいたブラック企業のエピソードとともに『見分け方』についてもお伝えしていきます。第三弾は『企業カルチャー』にまつわるエピソード&チェックポイントです。

f:id:SIMONtoNAME:20180916142007p:plain

◆言葉よりも拳で語る

代表(当時30才くらい)が武闘派なので部下だって血気盛ん。責任者同士の縄張り争いやつかみ合いの諍いはとても多かったです。

 

◆素行が悪い

前職の営業会社について、言葉を選ばずにいうと中卒高卒のDQNの構成比率は1割くらい。本社の近くの居酒屋は数件出禁になってるし、集荷サービスしてくれる某運送会社たち(黒猫さんと足軽さん)からは集荷拒否されるレベル。DQNたちが契約書が到着しなかったことを集荷のおにーさんのせいだと八つ当たりして詰めたからです。 

 ↓ 求人サイトを見たら見分けがつくかと。 

偏見も交えた個人的な見解としては「海辺で水着でバーベキュー」「結婚式の二次会レベルのドレスを来ておめかしした社内パーティ」はウェイ系ベンチャーが多いです。

 

◆妙な価値観を刷り込む 

この辺は面接で聞くと良いです。
「同期はみんな辞めちゃったよ~、生き残ったのは俺くらいかな」と自慢して来たら要注意です。あと「3年をベテランと呼ぶか、新人と呼ぶか」が離職率の高低を確認できるキーワードかなとも思います。

 

◆有名企業=ホワイト企業とは限らない

大手に行きたい、有名会社に行きたいと思っている人は、無意識にこれらの企業をホワイト企業と思っているかも。冷静に見極めてくださいね。

 

◆まとめ

ここまでブラック企業についてお話ししてきましたが、個人の価値観によってブラックにもホワイトにもなるのがブラック企業の特徴だと思っています。あなた自身の価値観を大事にしてくださいね。

 

★ブラック企業対策をしている人材紹介会社★
ウズキャリ第二新卒


転職まりーはUZUZを利用していないですが、後輩ちゃんが利用してとても良かったとレポートしてくれたのでご紹介。

ウズキャリでは独自の審査基準を設けていて「残業が多い企業」「離職率が高い企業」等は、紹介先NGとして求職者の皆さまにはご紹介をしないという対策をとっているとのことでした。

<オススメポイント>
◎企業ごとの面接傾向を教えてくれる
◎同年代のカウンセラーが多くて話しやすい
◎離職率が高かったり、労働時間が多い企業は紹介NGにするなどブラック企業対策を行っている安心の人材紹介会社

 

<概要>
◎対象:第二新卒、フリーター等、20代中心
◎拠点:東京、大阪、名古屋エリア
◎Skype面談や電話面談もOK
◎優良企業だけをご紹介

転職手段の1つとしてご検討ください(*´ω`*)