転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

派遣から正社員になる方法

今日は、正社員になるための派遣期間活用術をお伝えします。

f:id:SIMONtoNAME:20181027172157p:plain

◆短期退職を繰り返している場合

転職回数が多かったり、短期退職を繰り返してる場合には、1つの派遣会社で1年以上腰を据えて在籍をした方が良いです。企業側が転職回数の多い人を敬遠する理由の一つは「性格に難あり」なのでは??と疑問に思ってしまうから。派遣の在籍期間が長いと安心材料の一つになります。 

 

◆転職までの繋ぎで派遣を利用した場合

この場合、派遣より以前の職歴を重点的に見られることがあります。例えば正社員1年→派遣3か月の職歴の場合には企業も「繋ぎ期間かな」と判断するのであまり気にしなくて大丈夫です。

 

◆履歴書への記載

基本的に履歴書に記載する職歴は、正社員/契約社員/派遣社員のものでアルバイトは省略してOKですが、もしも応募先と親和性の高い職種にてアルバイト経験があればアルバイト経歴を記載しておくと良いです。

 

◆正社員への準備期間

雇用形態によって業務の難易度は異なります。一般的に難易度が高い順番で言うと正社員>契約社員>派遣社員>アルバイトです。今の雇用形態に収まった思考性のままだと正社員への道は遠いかもしれません。正社員の準備期間として「正社員の人はどんな視点を持っているのか」「今のポジションで発揮できるバリューは何か」など今の環境をフル活用して学べると良いかなと思います。

 

◆派遣に愛着が湧いた場合

いざ転職しようと思ったら派遣先のみんなが優しくて離れがたくて…という人は意外といます。今派遣を去るのか、後で派遣を去るのかはじっくり検討して、あなたにとっての最適解を探してみてください。

 

◆転職まりーの場合

派遣から直雇用になった体験談を少しお話したいと思います。現職に限らずこれまでの職歴でいくつか正社員に誘ってもらったことがあるので何かの参考になればと思います。

…とこんな感じですね。今はどちらかというと「正社員にならない?」と口説く立場になるんですが、共通していえるのは「現状の雇用形態に求めてる以上の意識の高さ」ですね。気づいたことを言ってくれたり、アイディアを出してくれたり。そういう能動的な姿勢は正社員に必要な部分なので素養がある人はどんどんスカウトしています。 これは転職活動にも共通して言えることなので、ぜひ派遣期間を活用して身に付けていただけたらなと思います。

★情報量が多い転職サイト★
リクナビNEXT


転職まりーが前職で販売していたリクナビネクスト。圧倒的に求人数が多いことと転職ノウハウのコンテンツが充実しているのが特徴です。

リクナビNEXTにレジュメを登録すると履歴書、職務経歴書形式でデータをダウンロードできるようになります。あとは印刷するだけで面接に持参する書類は完成です!

<オススメポイント>
◎他の転職サイトに比べて圧倒的に情報量が多い
◎第二新卒特集など多様な特集あり
◎適職診断などコンテンツが充実

<使い方>
①求人を探して自己応募
⓶転職支援サービスで人材紹介利用
③転職エージェントサービスで人材紹介利用
※②と③の違いは、②はリクルート系列の人材紹介で、③はリクルート系列に関わらず全国の人材紹介会社があなたの経歴を活かせる求人を紹介(&キャリアカウンセリング)してくれるもの。

初めての転職でアドバイスが欲しい方は、②③を申し込みしておくと良いです。特に地方の方は③の申し込みがオススメ。

リクルート社の転職エージェントは書類添削に定評があります。万が一、紹介できる案件がなかったとしても書類添削はしてくれますよ。