転職まりーの部屋へようこそ

転職業界の裏話を発信します。ブログの感想やコメントはTwitter(@転職まりー)からどうぞ。※土日配信(平日不定期)

1年未満の転職は不利??

社会人1年目のフォロワーさんから『転職したいけど、在籍1年を経過してからの方が転職は有利ですよね?』というもの。今日は在籍期間と転職活動のしやすさについて解説していきます。

f:id:SIMONtoNAME:20181206004041p:plain

◆1年間我慢しなくていい

いきなり結論出しちゃいます。あくまで個人の経験ですが20代で4社経験した自分としては転職活動中に転職回数や在籍期間の短さが不利に感じたことは特段ありません。自分の言葉で「転職する決意」をちゃんと論理立てて説明できたら問題ないです。実際フォロワーさんの中にも新卒1年未満で転職できた人がたくさんいるので安心してください。泣きながら会社に行くくらいなら1年と言わずに次の会社に進んでいいんです。

 

◆転職トレンドは4月が狙い目

新卒で4月に入社した会社をちょうど1年経過してから転職しようと思うと、転職活動を始めるのは4月以降になりますよね。もったいないです。1年で1番中途入社が多いのは4月。年明け1月~3月までの求人は4月入社を目指して採用活動をしている会社が多いので、在籍1年を待ってから転職活動を始めるのでは転職トレンドを逃してしまいます。せっかくなら求人が多い時期に転職活動を始めるとチャンスも多いと思います。 

 

◆1年未満の選考ポイント

転職しようと思っていても「社会人1年未満だとスキルもついていないし面接でアピールできることがない…」と尻込みしてしまう人も意外と多いです。しかし企業からみたら応募者の魅力はスキル一択ではありません。意欲やポテンシャルも立派な選考ポイントになります。

 

◆在籍期間が有利になる場合

①応募資格が1年以上
求人票の『応募資格』に明確な経験年数を明記している場合には、その年数を満たしていると選考は有利に働く場合があります。ちなみに応募資格として『○○経験1年以上』と記載があった場合、たとえ10カ月程度の経験であってもチャンスはあるので応募して構いません。

 

②転職を繰り返している場合
すでに複数社の転職経験がある場合には、転職回数が不利に働くことがあります。その場合、1社でも1年以上の経歴があると書類選考は多少通過しやすくなります。

 

◆在籍3年説はどこから来たのか

大人たちがよく言う「最低でも3年は続けないと仕事をしてきたとは言えない」は、実際なんの根拠もない数字なのであまり気にしなくていいです。確かに年数を重ねるほど仕事のコツが分ったり、そもそも職場の環境に慣れてきたりするので、自身の仕事力を発揮しやすくはなるかなと思います。とはいえ個人的には3年といわず、1年でも2年でも仕事の経験になると思っています。

 

◆最後に

今日の記事では「1年在籍」と「10カ月在籍」では、選考においてそこまで大きな差はないことをお伝えしました。

誤解がないように念のためお伝えすると「1年」と「3年」の在籍であればもちろん3年在籍した人の方が書類選考は通りやすいです。

在籍が長いということは「人間関係で大きなトラブルがない(=順応性が高い)」「仕事に大きな不満がない(=それなりに成果が出せている)」であろう、と解釈されるからです。

1年以上でも1年未満でも、今の職場をどのくらい続けるかは、自分の気持ちや価値観を1番に考えて決めて欲しいなと思います。そんなに怖がらなくても人生はなんとかなります。

 

★進路相談に乗ってくれる人材紹会★
ウズキャリ


転職まりーはUZUZを利用していないですが、後輩ちゃんが利用してとても良かったとレポートしてくれたのでご紹介。

 

<オススメポイント>
◎進路に迷ったときに親身になってくれる
◎同年代のカウンセラーが多くて話しやすい
◎離職率や労働時間が多い企業は紹介NGにするなどブラック企業対策を行っている安心の人材紹介会社

 

<概要>
◎対象:第二新卒、フリーター等、20代中心
◎拠点:東京、大阪、名古屋エリア
◎Skype面談や電話面談もOK
◎優良企業をご紹介
※離職率や労働時間が多い企業は紹介NG
※安心して働ける会社だけを紹介

UZUZは他社に比べて比較的気さくなエージェントさんが多い印象なので初めての転職にはオススメのサービスです(*´ω`*)